ザイザルの写真

ザイザルで花粉症の辛さを撃退!

ザイザルは、花粉症などのアレルギー症状からくるくしゃみや鼻水などを緩和してくれるお薬です。近年は病院などの処方という形でなくても、ネット通販などで手に入るようになりましたので、特性を理解して正しい使い方をしていきたいものですね。

ザイザルの主な効能・効果

ザイザルはレボセチリジンを有効成分にした第二世代の抗ヒスタミン薬で、アレルゲンによって活発化するヒスタミンの働きを抑える作用があります。抗ヒスタミン薬と言えばジルテックが昔から用いられていましたが、自律神経に作用して眠気を誘発したり、口の渇きや排尿障害といった副作用が目立っていたのが問題です。そこで、症状を抑える作用のみを残し、副作用の部分だけを排除した光学異性体として開発されたのがザイザルで、これまで問題となっていた眠気を大幅に抑えたことで使いやすくなっているのが特徴です。抗ヒスタミンは、体内に異物として侵入してきたアレルゲンによって放出されるヒスタミンが受容体に結合するのを防ぐ働きがあり、刺激を受けた受容体が過敏症状を起こすことを防ぐことができます。また、ヒスタミンだけでなく鼻づまりなどを起こすロイコトリエンの遊離抑制作用なども持っているので、様々な過敏症状を抑えます。ザイザルによる効果は、アレルギー性鼻炎などの花粉症、蕁麻疹、皮膚炎、痲疹、皮膚そう痒の抑制が主となっていますが、その他にもアレルゲンによってヒスタミンの働きを抑えるので、適応症にも入りませんがアレルギー性の各症状にも対応します。つまり、適応症として書かれていない結膜炎でもアレルギー性であればある程度は効果が期待できるというものです。本来であれば専用の点眼薬が良いのですが、鼻炎や気管支炎などと共に、結膜炎が花粉症のひとつとして現れた場合、鼻炎の症状を元にザイザルが処方されることがあります。第二世代の抗ヒスタミン薬の中では強い部類に入るので、眠気などが少ないとは言え、副作用のリスクはそれなりにあるようです。そのため、服用してから自動車の運転や高所作業、機械の操作などはしないように気をつけましょう。

ザイザルの類似品との比較

ザイザルは花粉症に対して強い効き目があるジルテックの眠くなる作用を抑えた改良品になります。類似品としてまずジルテックがあげられます。花粉症にはたくさんの種類があり、ザイザルの効果が強いと感じた場合は、アレグラやクラリチンがあります。この効果が強いというのは眠気になります。どんなにジルテックのデメリットである眠気の作用を抑えるとしても、ヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン剤です。ヒスタミンは脳内の活性化を促進する役割があり、花粉所の症状を緩和する抗ヒスタミン剤を服用してしまうと、それを阻害してします。よく眠くなると表現されることも多いですが、厳密にいうと脳の判断力が低下することになります。よって判断力が鈍ることから、自動車の運転や仕事の作業に支障をきたします。ジルテックの改良版がザイザルになりますが、脳の判断力の低下が免れないことから、パフォーマンスを重視した花粉症対策やアレルギー対策を行いたいのであれば、他の手段を用いることをおすすめします。特に脳の判断力が低くなることを避けたいなどパフォーマンス重視の花粉症やアレルギー対策を行いたいときは、アレグラやクラリチンを求めると良いでしょう。ザイザルの類似品として同じ効果を期待することができ、なおかつパフォーマンスが落ちにくい医薬品になっています。クラリチンはクリニックや個人輸入でしか入手することができませんが、アレグラはドラッグストアでも購入することができますので、試してみると良いでしょう。ただし効き目は、やはりザイザルの方が上になりますので、場面に使い分けて服用することが大切です。自分に合った抗ヒスタミン剤を見つけて服用してください。

ザイザルの入手方法と価格の相場

クリニックで処方を受けるのが一番適しているザイザルの入手方法です。ジルテックよりも眠気を抑えた医薬品がザイザルになりますが、強い抗ヒスタミン剤であるのは間違いありません。眠くなりにくい医薬品になっていますが、それでも効果が強いことから眠気を感じる人も多いですので、知識を高めて服用しなければなりません。医師の説明を受けて服用するのが正しいザイザルの入手方法であることは理解しておきましょう。ただクリニックで処方を受けると費用が掛かってしまうのがデメリットです。花粉症によるアレルギー性鼻炎を抑えるためにクリニックに初めて行くとなると、初診料が取られます。また医薬品の処方が必要になった場合は再診料もとられ、管理費や診察料まで取られてしまうのがクリニックです。ザイザルに対する知識と安全性を確認できているのに、このような受診をしてしまえば、余計な出費が増えてしまいます。そのようなことを防いでくれる入手方法が個人輸入です。医薬品を購入するだけにしか費用は掛かりませんので、圧倒的にクリニックよりも安くなります。これが個人輸入のメリットです。ザイザルはドラッグストアや医薬品を扱う通販サイトには売られていませんので、市販で購入するとなると、海外の医薬品を輸入する手段である個人輸入を利用するしかありません。余計な費用を抑えたい人にはこの方法で入手すると良いでしょう。1錠あたり120円ほど服用できる格安の方法になります。市販でもザイザルより効果が低い抗ヒスタミン剤が売られていますが、個人輸入よりも高くなってしまうことが多いです。安さを求めるのであれば、個人輸入が最適の場所になりますので、利用することをおすすめします。

■ザイザルはこちらから購入できます
ザイザルは眠気に注意!