ザイザルの写真

ザイザルは、花粉症などのアレルギー症状からくるくしゃみや鼻水などを緩和してくれるお薬です。近年は病院などの処方という形でなくても、ネット通販などで手に入るようになりましたので、特性を理解して正しい使い方をしていきたいものですね。

フードアレルギーと成分表示|ザイザルの効果

フードアレルギーの人は、食物によってアレルギー反応が起こらないために、原因食物の除去を徹底するようにします。例えば、牛乳がアレルゲンになってしまう人は、プリンやケーキ、シチューなどの牛乳が使われている食品は食べられません。
この場合は、代用品として豆乳を使って作るという方法があります。ただし、大豆アレルギーもある人はそれも使えないので、さらにほかの代用品を考えることが必要になります。
フードアレルギーがある場合は、できあいのものはできるだけ避けたほうが良いです。成分表示に記載されていない食品が使われていることもあるからです。
また、同じ生産ラインで作られている原因食物のせいで、アレルギー反応が出てしまう可能性もあります。
できれば自宅で素材から調理して、原因食物を避けたほうが良いでしょう。
子どもの場合は、消化能力が成長していくにつれてアレルギー反応が起こらなくなることもあります。それまでは学校給食などは、特別食や除去食、お弁当などを利用するようにします。
フードアレルギーのある子は、原因食物を抜いた除去食や、その子のためだけに用意された特別食を食べるようにします。また、学校側で対応しきれない場合には、自宅で作った弁当を持参して給食の時間に食べるという方法もあります。どれがその子にとってベストな方法かを考えることが必要です。場合によっては周りと同じものが食べられなくて寂しい思いをすることもあるので、精神的なケアも必要です。
かゆみやじんま疹などの症状が出てしまった時の対処薬として、ザイザルがあります。ヒスタミンというアレルギー反応を引き起こす物質の働きを抑えることで、アレルギー反応の際のかゆみやじんま疹の症状を改善させます。